光回線を安心して選ぶために【NTT(フレッツ光)・auひかり・NURO光・他】のメリット・デメリットなど全て教えます。

光回線を安心して選ぶために【NTT(フレッツ光)・auひかり・NURO光・他】のメリット・デメリットなど全て教えます。

インターネット回線や光回線について書きましたが、今回は情報通信業で長きに渡り携わってる私が実際に使ってみて利用状況に合わせたオススメのインターネット回線をお教えします。

しかし、こんなのはダメとかそんな事ばかりでしたので、

料金を抑えて、速度を早くしたい場合にはNURO光・auひかり

正直、これらの回線が使えるなら私はこの2つを利用したいです。
まずそもそも通信の仕組み上、NTTが提供するフレッツ光は一番金額が高くなります。

上記2つの金額は

NURO光  4,743円
auひかり   5,100円
    ※ホームタイプ(ファミリータイプ)の1年目の料金

ちなみにフレッツ光は、5,400円+プロバイダ利用料(約1,000円)で、にねん割を適用しても、6,300~6,500円(税抜)です。

また、通信速度も回線によって異なりますが、フレッツ光は1Gbpsでの利用となります。

料金は1000円以上違いますが、NURO光・auひかりの回線速度は以下の通りです。

NURO光  2Gbps
auひかり   1Gbps

auひかりはフレッツ光と変わらない速度ですが、NURO光は倍の2Gbpsで利用できます。

auひかり・NURO光のメリット・デメリット

auひかり

・au携帯とセット割引きがある。(スマートバリュー適用)
・基本料金はプロバイダ―料金込み

NURO光

・ソフトバンク携帯とセット割がある。(おうち割適用)
・基本料金はプロバイダ―料金込み
・標準で無線LANルーター付き
・端末5台までウィルスセュリティー無料

au光もNURO光もどちらも携帯とのセット割があります。

セット割りが適応できるなら更にお得ですが、どちらもセット割を気にしなくても充分お得に使えるくらいの金額だと思います。

デメリットはどちらも基本的には3年契約ということでしょうか。

また、NURO光のマンションタイプは個人的には金額以外はデメリットだと思っていますので、やめた方がいいです。

その理由として、まずNURO光のマンション内で3人以下になった時のNURO光の利用規約を以下に記載します。

3人以下になった場合、一定期間内に4人以上とならない場合、当該マンションにおけるサービス提供を終了いたします。サービス提供終了時点でHands-up が設備導入工事費(60,000 円)の残債を有する場合、その残債額を残存している契約者さまで等分した金額を各契約者さまにお支払いいただきます。

以下の表が月額料金になりますが、利用人数によって価格が変わりますし非常に安いです。

正直価格だけで言うと、どんな回線より安くお得です。

NURO光マンションタイプ料金

上記の月額料金の中に毎月300円~900円のHands-up会費というのが含まれているのですが、それが維持管理と設備導入工事費に充てられてます。

しかし、ここが大きなデメリットなのですが、導入してマンションタイプのNURO光のユーザーが3人以下になった時に、残った契約者でその分を均等割りして残債を支払わなければいけないという事です。

そして、3人以下になるとNURO光のサービスの提供が終了しますので、数カ月経っても4人以上にならなければ強制解約となり宅内工事費40,000円の分割も一括での請求となる可能性があります。

au光は戸建てでも集合住宅でもそのようなことはありませんし、NURO光も7階建て以下であればファミリータイプでの工事ができますので、そのようなリスクはありませんので安心してください。

また、NURO光は電柱から建物までと建物内の工事が分けて2回ありますので、多少手間がかかるのが面倒なところです。

フレッツ光ほど提供エリアが充実していない

悩みイメージ

auひかりは都市部や等においてはほどんどカバーしています。しかし、マンションタイプは建物設備によって提供できない場合がありますので確認が必要です。

また、NURO光においては、関東圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県)、東海(愛知県・岐阜県・静岡県・三重県)、関西(大阪府・兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県)のみの提供となります。

auひかりはある程度問題ないかと思いますが、NURO光はまだまだ提供エリアが狭い状況です。

今は7階建て以上ですので利用できませんが、提供可能な状況であれば、私個人としてもNURO光を利用しますし、数年前は実際に利用していました。

安くしたいけど工事は面倒な場合におすすめ【光コラボレーション】

新規で光回線をいれる場合は、どんな回線でも工事が必要です。

しかし、現在フレッツ光を利用している人で安くしたいと思ってる人は手続だけで、工事もなく安くすることが可能です。

それが光コラボレーションというものになります。

光コラボレーションとはNTTの東日本・西日本が光回線の卸事業を始めたことにより、各事業者で光回線を提供できるようになりました。

それによって、フレッツ光と同じ品質で安く利用できるようになりました。

光コラボレーションは以下のようなものが代表的なものになります。

光コラボレーションの回線品質はどれを使っても同じ

光コラボレーションは様々な会社が提供しています。

その提供している会社は有名なプロバイダから、あまり知られていない会社まで数百あります。

しかし、NTTから提供される回線ですので、回線品質は何処を使っても同じなんです!

ユーザーとしては、月額料金だったり、支払い方法だったり、携帯とのセット割だったりお得になるものを選んで問題ありません。

通信速度や通信方式はプロバイダによって変わる

回線品質は全く同じですが、通信速度などはプロバイダによって若干変わります。

また、IPv4とIPv6という通信方式も提供しているところそうでないところがありますので、こだわりがある人はしっかりと提供されているところを選んでください。

携帯割引がある光コラボレーション

au光やNURO光で携帯とのセット割があると、お伝えしましたが光コラボレーションにも同様に割引があります。

代表的なものを以下になります。

カッコ内が割引ができる携帯会社です。

・ソフトバンク光(Softbank)
・So-net光(au)
・ビッグローブ光(au)
・@nifty光(au)
・OCN光(OCNモバイル)

安く利用するためにこのようなセット割を利用するのも選択の一つです。

光コラボレーションのデメリット?

メリットは品質を変える事無く安くできたり、携帯電話とのセット割などの特典があることなのですが、若干のデメリット?もあります。

光コラボレーションは光コラボ提供事業者によって提供するオプションが若干異なります。

そのオプションが提供できない事業者で契約した場合、提供事業者とNTTの2つの請求に分かれます。

また、プロバイダがセットのサービスになりますので、今契約しているプロバイダの解約を忘れてしまい料金を多く払ってしまうことがあるので、プロバイダを解約すること忘れないようにしてください。

ブランドと安心を買いたいなら王道のフレッツ光 フレッツ光

フレッツ光
フレッツ光

言わずと知れたNTTの光回線です。

今や光回線を提供していないエリアを探す方が難しいほど、全国の99%をカバーしています。

実は、フレッツ光メリットは正直ほぼほぼありません・・・。

なぜなら、フレッツ光が提供しているところは光コラボレーションも提供できるところになります。

しかし、私も提供する側の時にどうしても安心感の為にNTTと契約したいと言われる方も多くいましたので、それはそれで十分な理由だと思います。

もちろんフレッツ光の契約が大幅なデメリットという訳ではありませんので、どうしてもということであればフレッツ光で利用してください。

フレッツ光
フレッツ光

このブログが少しでもお役に立てれば幸いです。