【2019年最新更新】フレッツ光と光コラボレーションの違いやメリット・デメリットは?コスト削減は本当か?

先日マンションやオフィスビルなどの集合住宅での、インターネットの弊害などを書かせてもらいました。

イーブロ

このご時世、自宅でインターネットを使うときに光回線の契約をする方はたくさんいらっしゃると思います。 私自身、長らく情報通…

その中で、ここ数年でNTTが各事業所に光回線の卸事業(以下、光コラボ)を始めたという事に触れました。

しかし、その結果様々なブランドの光回線がでてくるようになり、何を選べばいいのかすら分からないという声も多く聞きます。

そこで、情報通信業にも長く携わっていた一原 妃魯が、少しでも参考にしてもらえればと思いメリットデメリットなどを解説していきます。

[toc]

光コラボレーションの回線品質はフレッツ光と同じ

メリットデメリットの話をする中で、実は光コラボは回線品質としてはNTTと比べでデメリットはありません。

様々な会社から出てるので、「良く知らない会社の光回線だから・・・品質が低下したり、使えなくなることがあるんじゃないの?」と懸念してる人も多くいるかもしれませんが、NTTの回線卸事業を利用しているサービスの回線品質は会社の大小かかわらずどこを選んでも同じです。

それならどこでもいいんじゃない?と思うかもしれませんが、価格や特典、付帯オプションに差が出てきますので、それらを選んでもらうのが一番かと思います。

そもそも光コラボは何故お得なのか?

NTT東日本のファミリータイプで比較するとフレッツ光は回線の基本料金だけで、5,200円。

それに、プロバイダ料金が1,000円程かかってきます。それにフレッツ光は「にねん割り」が適応されてますので、700円の割引になりますから単純に考えて5,500円~程かかります。

光コラボはというと、ほぼ全ての会社が回線料金とプロバイダ料金を合わせて4,800円~5,200円の基本料金で使えるようになるので、単純にその分安く利用できるますので、料金面でいえば基本的に安く利用できます。

しかし、各社料金は異なりますが、プロバイダ料金込みで5000円以下のサービスじゃないと個人的にはオススメしません。

光コラボのデメリット

光コラボにもデメリットがないわけではありません。

主なケースをいくつか挙げていきます。

プロバイダの解約をし忘れる

光コラボに加入すると、回線基本料+プロバイダがセットになった基本料金ものが主流です。(中には回線のみのものもあります。)

ですから、現在利用がしているプロバイダの契約が不要になりますので、解約を忘れてしまうと無駄にプロバイダの契約が2つとなりますので解約することを忘れないようにしてください。

ただ、今利用しているプロバイダと同じところで光コラボを申し込んだ場合は解約連絡は不要です。

フレッツ光でひかり電話を入れた時に一緒に電話番号を発行した場合は番号が変わる?

他のサイトでも「光コラボにして他の回線にすると番号が変わる」と見るかもしれませんが、これはある意味正しくある意味間違いです。

電話番号が必ず変わってしまう場合は“電話加入権を使わずに電話回線を引いた場合で、光コラボの回線に変えた後にまた別の回線に変えた場合”という条件が入ります。

少し分かりづらいかもしれませんので、下に図で確認してください。

新たに電話を引く時は、電話加入権を使うものと使わないという、2つのパターンがあります。

電話加入権を使わない電話回線とは、

電話加入権不要の電話
・NTTのアナログ回線で「ライトプラン」で契約。
・フレッツ光を引いた時に同時に電話番号も発行してもらう。

この2つのパターンで番号を発行した場合は、光コラボに変えた後にフレッツに戻そうとしても番号が変わります。

しかし、電話加入権を使って電話を引いてから、フレッツ光で光電話にした方は必ず変わるとうことではありません。

光コラボにした時に電話番号が変わる場合と変わらない場合

私が相談を受けた人で、プロバイダの対応が悪いからここはもう使いたくないとか、様々な理由で戻したいという理由の方がいらっしゃいましたが、番号が変わると言われて変えられなかったという方もいました。

多少手間はかかりますが、番号を変える事無く他社やフレッツ光に変えることは可能です。

フレッツ光⇒光コラボにした後、またフレッツ光やそれ以外の回線にする場合。

1.ひかり電話だけをアナログ回線に戻します。
2.光回線を解約します。
3.希望している光回線(フレッツ光、光コラボ等)を新規で引きます。
4.アナログ回線を改めて光電話に申し込みます。

これで、番号を変更せずに回線を切り替えることができるようになります。

ですから、ずっとそこのプロバイダで使うということであれば問題ありませんが、万が一のことを考えるのであれば加入権を購入してから光回線に変えたほうが無難です。

しかし、時期は未定ですが、今後は光コラボ⇒光コラボに変更しても番号が変わらないようになるとの話もありますので、いずれ変わるかもしれませんね。

光コラボの回線はほぼデメリットがない商品ではありますが、よりお得なサービスを探して契約してください。

【2019年更新・最新関連情報】

このブログが少しでもお役に立てれば幸いです。

最新情報をチェック‼