Amazonを利用した時にデリバリープロバイダとは?配送業者の指定は可能?その追跡方法や再配達を方法を教えます。

Amazonを利用した時にデリバリープロバイダとは?配送業者の指定は可能?その追跡方法や再配達を方法を教えます。

Amazonで注文した時に配送状況を確認すると、配送業者が「デリバリープロバイダ」と表示されていることがあります。

この「デリバリープロバイダ」とは何でしょうか?

どこの配送業者が届けてくれるのか?配送状況はどのようになってるのか?などを解説していきます。

デリバリープロバイダって何?

Amazon.co.jpと提携している地域限定の配送業者の総称です。

以前は、クロネコヤマトほぼ一択だったAmazonが、様々事業により配送業者を複数に分ける方針となり、大小入り混じる状況となりました。

現状の配送業者は以下にまとめました。

配送業者一覧
TMGSBS即配サポート札幌通運丸和運輸機関
若葉ネットワークSBSギオンデリバリーサービスヒップスタイル遠州トラックロジネットジャパン西日本

デリバリープロバイダーとして表記されている場合、上記のいずれかが配送します。

そして、残念ながらAmazonを利用すると配送業者は選べません。

デリバリープロバイダの配送状況の確認

デリバリープロバイダの配送状況はAmazonか、デリバリープロバイダの配送状況のサイトで確認できます。

Amazonでの確認方法

注文の商品が一つだけの場合はこちらの方が楽です。

1.「注文履歴」をクリックします。
2.配送状況を確認したい商品の「配送状況を確認」をクリックします。
3.配送業者にデリバリープロバイダと記載されているところに、伝票番号があるのでそれをクリック

サイトでの確認方法

注文の商品が2つ以上の時はこちらの方が分かりやすいです。

1.デリバリープロバイダのサイトにある配送中お荷物の状態照会を開きます。
デリバリープロバイダお問い合わせ画面
2.Amazonで伝票番号をコピーします。
3.サイトの1~順番に伝票番号を貼り付けて、「照会する」のボタンをクリックします。

デリバリープロバイダの再配達の依頼方法

1.不在票を用意します。無くした場合はAmazonの注文履歴を参照してください。
2.再配達依頼サービスをクリックします。
デリバリープロバイダ再配達依頼画面
3.伝票番号を入力して、「再配達の依頼を開始する」をクリック

デリバリープロバイダに当たると詳細は分かりづらく、連絡が取れない。

デリバリープロバイダの配送状況

上記は配送済みの配送状況ですが、地域を見てもらうと「新宿区,東京都」と表示されてます。

しかし、この荷物を配送してもらったのは、新宿区じゃない区を指定していました・・・。

そして、まだ新宿かと思っていたら突然来てしまい、荷物の状況が届いて初めて分かるという有様です。

ヤマト運輸や佐川急便であれば電話して状況確認ができますが、デリバリープロバイダはどこの配送なのか明確ではないため、連絡ができないので、ただただ待ち続けるしかないのが現状です。

現段階では配送業者は選べないので、時間帯を絞るようにしましょう

正直配送業者がヤマト運輸から複数の配送業になったことで、多少不便な環境になりました。

確認しましたが、配送業者はこちらから指定することは不可とのことですので、配送状況を確認した時にデリバリープロバイダとなった場合は、それに従うしかありません。

しかし、問い合わせもできない状況なので、前述したようにしっかりと受け取るためには待ち続けるしかないので、最大の対策としてはこちら側で時間を指定して受け取るようにするしかありません。

ちなみに指定できる時間帯は以下のようになります。

・8:00 – 12:00
・14:00 – 16:00
・16:00 – 18:00
・18:00 – 20:00
・19:00 – 21:00

約2時間単位で指定する事ができますが、ただAmazonでも日時指定は以下の料金がかかります。

お届け日時指定便の配送料(カッコ内の金額は当日のお届けを指定した場合)

本州・四国(離島を除く)北海道・九州
500(600)円540(640)円

しかし、個人的な意見ですが注文のたびに商品にプラスしてまで、時間を指定するのはあまり賢い選択ではありません。

Amazonの利用で長い目で見た時にはAmazonプライムに入会した方が圧倒的にお得です。

Amazonプライムの会員特典(Amazonより引用)

■無料の配送特典
Amazonプライム会員は、対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便を無料でご利用いただけます。詳細は、お急ぎ便について、お届け日時指定便についてをご覧ください。

■特別取扱商品の取扱手数料が無料
Amazonプライム対象商品は、一部特別取扱商品の取扱手数料が無料になります。詳細は、特別取扱商品についてをご覧ください。

■Prime Now
Amazonの商品を最短2時間でお届けするサービスです。対象エリアのみ。詳細は、Prime Nowをご覧ください。

■Prime Video
会員特典対象の映画やTV番組が追加料金なしで見放題になります。日本国内のお客様のみが対象です。詳細はPrime Videoについてをご覧ください(日本語のみ)。

■Prime Videoチャンネル
月額定額料金で各チャンネルを視聴できるサービスです。詳細は、Prime Videoチャンネルについてをご覧ください。(日本語のみ)

■Prime Music
追加料金なく、100万曲以上の楽曲やアルバム、プレイリストを広告の表示なしで、楽しむことができるサービスです。詳細は、Prime Musicについてをご覧ください(日本語のみ)。

■Amazon Photos
Amazon Driveに写真を容量無制限で保存いただけます。詳細については、Amazon Photos についてをご覧ください (日本語のみ)。

■プライム・ワードローブ
プライム・ワードローブは、Amazonプライム会員限定のサービスです。レディース、メンズ、キッズ&ベビー用の服、靴、ファッション小物の中から対象商品を、購入する前に試着できます。商品は配送完了の翌日から自宅で最長7日間試すことができ、購入を決めた商品のみ代金を請求します。詳しくは、プライム・ワードローブについてをご覧ください。

■Amazonパントリー
食品・日用品を中心とした低価格の商品を1点からご購入いただけるサービスです。ひと箱あたり390円の取扱手数料でお届けします。詳細は、Amazonパントリーで注文するをご覧ください。

■Dash Button
Dash Buttonを使用すると、お好みの商品を切らすことなく注文できます。詳細は、Dash Buttonをご覧ください。

■プライム会員限定先行タイムセール
タイムセールの商品を、通常より30分早く注文できます。詳細は、プライム会員限定先行タイムセールについてをご覧ください。

■Kindleオーナーライブラリーの利用
対象タイトルの中からお好きな本を1か月に1冊、無料で読むことができるKindleオーナーライブラリーをご利用いただけます。ご利用にはKindle端末が必要です。詳細は、Kindleオーナー ライブラリーをご覧ください(日本語のみ)。

■Prime Reading
対象のKindle本(雑誌、マンガ、Kindle Singlesを含む)を追加料金なしの読み放題でご利用いただけます。詳細は、 Prime Readingを利用するをご覧ください(日本語のみ)。

■Amazon Music Unlimited
Amazonプライム会員は、Amazon Music Unlimitedの月額料金プランおよび年額料金プランを割引価格でご利用いただけます(個人プランおよびファミリープランが対象)。詳細は、 Amazon Music Unlimitedをご覧ください(日本語のみ)。

■ベビー用おむつとおしりふきの15%割引など(Amazonファミリー特典)
おむつとおしりふきが定期おトク便で15%OFFになるAmazonファミリー特典をご利用いただけます。詳しくはベビー用おむつとおしりふきの15%OFFについてをご覧ください。また、お子様情報を入力いただくと、ファミリー限定セールへご招待いたします。詳細はこちらをご覧ください。

■Twitch Prime
アメリカ合衆国のTwitch社が提供するTwitchをご利用のAmazonプライム会員は、TwitchのアカウントをAmazonプライムのアカウントと紐づけることにより、Twitchにて、無料のスポンサー登録、無料ゲームへのアクセスなどがご利用いただけます。詳細は、twitchprime.jpをご覧ください。

■家族と一緒に使い放題
会員ご本人のほかに、同居のご家族を2人まで家族会員として登録できます。家族会員の方も会員の皆様と同様、お急ぎ便やお届け日時指定便を無料でご利用いただけます。詳細は、Amazonプライム家族会員を登録するをご覧ください。

■プライムペット
飼っているペット(犬・猫)の犬種・猫種、誕生日などの情報を登録すると、ペット情報にあわせた情報、おすすめ商品およびお得なセール情報を見ることができます。詳細は、プライムペットをご覧ください。

■プライム限定価格
一部の対象商品を、通常の価格よりも割引されたプライム限定価格で買うことができます。

上記のような特典があり、プライム会員は年間プラン3,900円(税込)または月間プラン400円(税込)で利用ができます。

もちろんプライム特典でAmazon内で「Prime」のマークが付いてるものは全て配送無料になり、時間指定が可能なものについては当日・翌日配送、時間指定などの配送料が無料になります。

私が良く活用するのは赤文字になっているものですが、これでも十分だと思ってるほどコスパが良いと感じています。

配送料金のメリット以外でも映画や一部のテレビ番組、Amazonプライムオリジナルコンテンツ(個人的にオススメです)が観られたり音楽も聴けるので、Amazonを数カ月に1回しか使わないという人でも、Hulu(フールー)やNetflix (ネットフリックス) を利用してるのであれば、多少コンテンツが異なったとしても、元が取れるものになってる内容だと思います。

皆さんの中には更に幅広く特典を受けて、お得に使える方もいると思います。

Amazonプライム

デリバリープロバイダの現状とまとめ

Amazonはコンテンツも豊富でいつでもどこでも必要なものが購入できるので非常に便利です。

しかし、コンプライアンスの問題で利用者側としては配送が多少改悪されたのも事実です。

私は良くAmazonを利用しますが、デリバリープロバイダが指定された時に2度ほど指定の日に届かないことがあったり、配送が遅れたりすることがありました。

これが大手だとある程度の時間で、問い合わせができるのですが、デリバリープロバイダはそれができません。

今回の内容は時間に余裕がある方は、問題ないのかもしれませんが、時間を有効に使いたい場合はAmazonプライムに活用するのも一つの手です。

月額プランもありますので、短期で試してみるものいいかもしれません。

このブログが少しでもお役に立てれば幸いです。

Amazonを利用した時にデリバリープロバイダとは?配送業者の指定は可能?その追跡方法や再配達を方法を教えます。
最新情報をチェック‼