フリーランスになった!が・・・トラブル補償やキャッシュフローの不安を解消する方法トップ画像

【法人も可】独立した!個人事業主になった!その時にトラブル補償やキャッシュフローの不安を解消する方法【Freenance】

フリーランスというのは夢がありますね。

世の中にこんなサービスや商品を届けよう!これくらい利益だしてこんな生活ができるようになりたい!

しかし、夢があっても現実は予期せぬトラブルや利益や入金など、様々な問題がでてきます。

独立にリスクや不安はつきものです。

お恥ずかしい話ですが、私も独立当初は円形脱毛症になりました!

特に通信業をやっている時はキャッシュフローが悪くて、起業して営業して成果がでてから入金があるまでの約3カ月は無収入。

いくら入るのか明確な金額は、キャリアによってはギリギリまで入金金額が分からず、初めて入金されるまでは何とも言えませんでした。

その後も入金されるはずのお金が、先方の都合で入金が大幅に遅れたりすることで、ただでさえ悪いキャッシュフローが更に悪化したことも。

その経験から、色々と知ることができました。

リスクが解消できるところは先んじて対応するのが一番だと思ってます。

今回はフリーランスのための情報ですので、今から頑張る人・頑張っていて悩んでる人は是非参考にしてください。

[toc]

人生の第一歩!フリーランスになりたてで気合は十分だけど・・・

人生の第一歩!フリーランスになりたてで気合は十分だけど・・・イメージトップ画像

まず独立することで一番大切なことはなんでしょうか?

優れた商品を取り扱うこと?

しっかりしたビジョンを持ってやること?

人脈を広げていくこと?

それも大切ですが、”覚悟”を決めることです!

しかし、いくら覚悟を決めても予期せぬトラブルはつきものです。

みんな起業した時は、希望や目標は華やかな上に当然”自分が失敗する”と思って起業している人はいません。

もちろん準備をしたり、シミュレーションをしたり準備は現段階で考えらえるリスクヘッジをしていていると思います。

どんなに考えて想定して、対策を打っても、8割の人はそれ以上の事態が起きることが多々あります。

世の中には”そんなことを考えてるから引き寄せるんだ!”と言う人もいますが、その考えも個人的には好きですよ。

”引き寄せの法則”も”言霊”も信じてます。

ただ、現実的にどんな成功者でも1~10まで順風満帆ということはありません

「成功するまでやり続ければ失敗ではない。」「失敗を失敗と思わなければ失敗ではない。」なんてのは次の段階です。

一度”好ましくない事象”が起きてから、挽回するか継続するか断念するかの選択の違いです。

ただし、それはあなたに”選択できる環境があるかどうか”ということです。

継続したくても資金がショートして黒字倒産せざるを得ない場合も出てきます。

つまり、継続できる環境にするためにはリスクを軽減することが必要になります。

フリーラインスのリスクを軽減するためにフリーナンスに登録する

フリーラインスのリスクを軽減するためにフリーナンスに登録するイメージトップ画像

フリーランスや個人事業主の人にはFREENANCEFREENANCEというのがあります。

アカウントを無料開設するだけで、フリーランス特化型の損害賠償保険「あんしん補償」が全ユーザーに自動付帯されます。

また、フリーナンスを経由して即日払いで入金されるようにもできます。

つまりキャッシュフローを早めたり、思わぬ損害を補償することができるシステムです。

個人事業主やフリーランスは、社会的立場としては決して強い存在ではありません。

自分を守るために活用できるものは、しっかり活用運営していきましょう。

【最良のキャッシュフローを作る】フリーナンスは請求書で3%~の手数料で即日入金される

事業をするにあったってキャッシュフローは生命線です。

そして、”入金は早く、出金は遅く”が理想的な形です。

しかし、実際には企業の取引における入金は、一般的には末締めの翌末です。

商品によってはもっと遅く入金されるものもでてくるでしょう。

つまり、キャッシュフローが悪いと、”仕事はしてるのに、お金が入ってこない。”という状況に陥り、売掛金だけが増えて実際には手元にお金がない!と、黒字倒産になる可能性も出てきます。

そこでフリーナンスが活用できます。

キャッシュフローが悪い時に、銀行やノンバンクから借りますか?

銀行は金利は安いのですが、審査が遅く必要な時に早期解決はできませんし、個人事業主の場合は                               

また、ノンバンクなどについては金利も高くあまりにもその場しのぎすぎます。

数十万単位となると、上手く返済できずに結果的に圧迫する可能性もでてきます。

無料で専用口座が開設できて即日入金される

フリーナンス・即日入金の仕組みイメージ

フリーナンスは取引先の会社にバレることなく、フリーナンスを経由して請求書(売掛債権)を即日入金できるようになります。

また、口座利用料などの費用は一切かかりません。

かかるのは即日入金を利用した時にかかる手数料のみなので、利用しないときに費用が掛かることもありません。

フリーナンスサービス概要フリーナンスサービス概要

フリーナンスは万が一の補償が受けられるようにできる。

業務上の事故や損害賠償の例

自転車で配達中に通行人とぶつかり、けがをさせてしまった。

育児代行等において、預かった子供にケガをさせてしまった。

家事代行等において、食器等の家財・備品を壊してしまった。

飲食物を提供した結果、食中毒を発生させた。

納品物に欠陥があり、第三者にけがをさせた。

納品したシステムに過失があり、発注先の個人情報が流出した。

納品したシステムに不具合が生じ、システム使用不能期間の代替え手段に要する費用が発生した。

入院による納期遅延の為、発注者の業務開始が遅延し、発注者に営業損失が発生した。

職場が被災し、納品に間に合わず発注者から損害賠償請求を受けた。

発注者へ納品した成果物が第三者の登用にあたるとされ、第三者から損害賠償請求を受けた。

発注者へ納品した成果物が第三者の登用であるとして、発注者に営業損失が発生した。

小規模法人やフリーランス(個人事業主)は弱い!

これは現実です。

社会における強さは数であり数字です。

取引先の数、商品実績の数、社員数など社会的立場としての強さは数字です。

特に”体力”については、なかなか顕著です。

経営していると分かると思いますが、数十万~数百万円は当たり前にかかります。

毎月普通に運営にするのに必死になってる状況で、偶発的な事故などにより補償問題になることもゼロではありません。

例に挙げたことは、各業種でもいつでも起こりうることです。

小規模取引でも納品した商品に不具合があり、取り引き先の業務が止まってしまったら、数十万・数百万円の補償や補填の請求がくる可能性もあります。

あなたが運営していて、仮に今までは大丈夫だったとしても来月に何かの事業でそのようになった場合、あなたはその金額を自腹で工面し支払いますか?

この場合の保険を自分でかけるのにもランニングコストがかかります。

しかし、無料でこれらに対する保険・補償が受けられるようになるのは非常に大きなことです。

フリーナンスサービス概要フリーナンスサービス概要

FREENANCEは無料で身が守れる利用すべきサービス

FREENANCEFREENANCEは登録・口座開設・あんしん補償など全て無料です。

利用者に費用負担があるものは即日入金を使用した時の手数料のみです。

口座登録するだけで、安心を得ることができます。

FREENANCEは規模関係なく法人でも登録ができます。

基本的にコストがかからないので、フリーランス・個人事業主の人はとりあえず利用するようにしましょう。

参考:FREENANCEFREENANCE

フリーランスになった!が・・・トラブル補償やキャッシュフローの不安を解消する方法トップ画像
最新情報をチェック‼