フリーランスになった!が・・・トラブル補償やキャッシュフローの不安を解消する方法トップ画像

無料でできるリスクヘッジ!独立したら必ずやるべきFreenance(フリーナンス)と登録方法は?

独立したら色々と夢や希望が溢れてきますね。

1年目は我慢は必要かもしれないけど、上手くいけば人を雇って、2年目から報酬を増やして・・・ワクワクしますよね。

 

しかし、理想通りにはいかないのも現実です。

 

お恥ずかしい話、私も独立当初は円形脱毛症になりました。

リスクヘッジが甘かったのが原因でした。

 

では、Freenanceというサービスを使うことでヘッジできるところが増えるので、どのようなことができるのか解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

独立・フリーランスは社会的弱者だと理解しよう

”独立・フリーランスは社会的弱者だと理解しよう”イメージ画像

 

独立したことであなたは”代表”・”代表取締役”という組織のトップとして歩むことになりました

しかし、あなたは社会的には非常に弱い立場になります。

 

今の時代、消費者の立場は企業よりも上になりました。

そして、私たちは会社の保証はなく、資金的な体力も有り余るようなことでもなく、雇用すれば給与や経費が最優先の支払いになり、従業員が権利だけを主張されてしまうような時代です。

 

その上、独立したばかりの時は「数字」という実績がありません。

社会的な”力”は数字です。

無いというより、私たちよりも優秀な同業他社も多く、取引先や卸会社の方が上位に立ちやすく軽視されやすい立場です。

そのような環境だからこそ、無理・無茶が起きてくることがあります。

 

金銭トラブル・対人トラブルもありますし、あなたが守る立場であり、サラリーマンのように会社が守ってくれることはありません。

組織のトップではありますが、社会的には弱者になったと認識してください。

取引上のトラブルはどんなことが考えられるのか?

代表は夢と希望だけではなく、リスクヘッジを考えなければいけません。

トラブルはないかもしれない、でもあった時は大変なことになります。

 

もちろん細心の注意を払うとは思いますが、それでも相手があることですのでトラブルは突然起こります。

 

 補償トラブル

・情報漏えい パソコンのウイルスに感染して情報が漏洩した。
・納品物の瑕疵 納品トラブルで使用不能期間の代替手段に要する費用が発注者に発生した。
・納期遅延 災害等で納品が間に合わず、損害賠償を請求される。
など

 

 キャッシュフロートラブル

・売りが立ってるのに、入金が悪くショートしそう
・取引先・クレジット会社・リース会社のトラブルで、入金が遅れる
・入金の前に支払わないといけないが、
・お金が不足している
など

 

特に近年は企業も消費者もドライな対応になり、”補償”や”補填”といったお金で解決・対応することが増えてきています。

個人事業主や小規模の企業だと、補償額が6桁や7桁になると会社自体の存続が危うくなりますので、しっかりと対応しておく必要があります。

損害保険を掛けるのにもかなりお金がかかる

”損害保険を掛けるのにもかなりお金がかかる”イメージ画像

 

特殊な仕事でない限り、損失や損害が出る範囲は決まっています。

当然それらの保険をかけるにも当然費用がかかりますし、保険の補償対象がかなり細かく分けれられています。

つまり保険会社で対応しようとすると、いくつかの保険に入らないと対応できません。

 

では、仮にどんなトラブルがあるのかというと、今はどんな業種でも当てはまるのは、サイバートラブルです。

不正アクセスなどの顧客情報や機密事項の漏洩は、この時代には考えないといけないことです。

この1つのトラブルに保険をかけて、別に仕事上でケガをさせてしまった場合の補償や、納品トラブルなど様々ありますが、それぞれに保険が必要となります。

サイバートラブルに関する保険料を例として調べてみた

保険をかけるにはどれくらいの費用が掛かるのでしょうか?

三井住友海上・東京海上日動・損保ジャパン日本興亜の3社のサイバー保険を調べましたが、業種や規模によって金額は変わるので、一概に言えないため明確な金額というのは難しかったです。

 

しかし、一般的なサイバー保険は年間で、120万円~180万円程度のようで、月あたり10万ほどかかるようです。

参考として金額が書いていたページを張っておきます。

三井住友海上
東京海上日動
損保ジャパン日本興亜

何かあった時には何百万~何千万とかかる補償ですから、必要なことかもしれませんが、個人規模の会社では決して余裕で払えるという保険料ではないではないというのが率直な感想でした。

無料で利用できるフリーナンスは、最大のリスクヘッジ

 

フリーラインスのリスクを軽減するためにフリーナンスに登録するイメージトップ画像

 

個人事業主・フリーランス(法人も可)にはFREENANCEというサービスがあるのは知ってますか?

リスクは最小限にする必要性は十分理解しながらも、その対策にコストをかけられないというのが現実です。

 

FREENANCEはお金のリスクに対して、無料で保険を掛けたり、キャッシュフローの対策ができます。

もしもキャッシュフローの悪化が起きたら?未来の入金を請求書ベースで買い取り

事業をするにあったってキャッシュフローは生命線ですよね。

”入金は早く、出金は遅く”が理想的な形です。

 

しかし、売り上げはあるのに・・・・様々な事情によって取引先などからの入金が遅れていたり、先月は売り上げが悪く支払いなどもあり、今月のキャッシュがまずいということは現実に起こりうることです。

 

「お金が入る予定はあるけど、 お金がない。」

数十万・数百万の売上があっても、お金になってなければ何の意味もありません。

キャッシュがないくてお手上げになってしまうと、入金まで持たずに黒字倒産ということもあります。

 

例えば、今日払わなければいけない支払いがあるのに入金は2週間後だとしたら?

借りるとしても当日に調達できるというのは難しかったり、ましてや銀行からの借り入れなんてことは不可能です。

 

その時に金利の高い消費者金融やキャッシングを利用しますか?

数万円ならいいでしょうが、それ以上になると色々な面で現実的に難しいでしょうね。

 

そんな時、FREENANCEは売掛債権を買い取って最短即日で口座に入金してくれます。

無駄に高金利のところからの借入の記録も残すこともありませんし、本来入ってくるはずのお金なので返済の心配もありません。

請求書の買い取りは取引先などには分からないので安心

フリーナンスは取引先の会社にバレることはありません。

また通常のファクタリング会社の取引は、ファクタリング会社に買い取ってもらった後に、買い取られた分のお金は取引先からこちらに入金があり、それをファクタリング会社に振り込む処理が必要です。

 

フリーナンスは、フリーナンスで作った口座を請求書の振込先に指定して送付して、取引先はそこに振込をするので、こちらの手間もなく、取引先としても振込口座が変わっただけというわけです。

万が一何か聞かれたら、”口座を分けたい”とでも言っておけば問題ないでしょう。

 

専用口座を送ったら、フリーナンスに即日払いを申請します。

既にフリーナンスで利用したことのある取引先であれば、数手順で口座に振り込まれるようにもなります。

 

フリーナンス・即日入金の仕組みイメージ

利用すれば利用するほど、楽にも得にもなる

フリーナンスは使えば使うほど、自分に有利になります。

即日払いの処理も楽になるのは、先ほど説明した通りですが、請求書の買取の手数料も最高3%の手数料になるので使えば使うほど安く利用できます。

万が一の時の補償・保険が無料で受けられる

業務上のトラブル例

 自転車で配達中に通行人とぶつかり、けがをさせてしまった。
 育児代行等において、預かった子供にケガをさせてしまった。
 家事代行等において、食器等の家財・備品を壊してしまった。
 飲食物を提供した結果、食中毒を発生させた。
 納品物に欠陥があり、第三者にけがをさせた。
 納品したシステムに過失があり、発注先の個人情報が流出した。
 納品したシステムに不具合が生じ、システム使用不能期間の代替え手段に要する費用が発生した。
 入院による納期遅延の為、発注者の業務開始が遅延し、発注者に営業損失が発生した。
 職場が被災し、納品に間に合わず発注者から損害賠償請求を受けた。
 発注者へ納品した成果物が第三者の登用にあたるとされ、第三者から損害賠償請求を受けた。
 発注者へ納品した成果物が第三者の登用であるとして、発注者に営業損失が発生した。

 

これもほんの一例ですが、冒頭で話をしたように小規模法人やフリーランス(個人事業主)は弱いです。

社会における強さは数であり数字です。

取引先の数、商品実績の数、社員数など社会的立場としての強さは数字です。

 

とはいえ、経営は小規模でも数十万、数百万なんてお金は右から左に流れていきます。

そんな中でトラブルによる補償・補填で支出が増えるのは、会社にとって致命的なことにもなりかねません。

 

しかし、明日は我が身です。

偶発的な事故などで補償問題になる可能性は、目の前にいつもあると思ってください。

 

新規の顧客など素性が分からなかったり、繋がりが浅い相手であればあるほど、思いもよらないクレームやトラブルが起こることがあります。

今日まで大丈夫でも、明日はそうじゃないかもしれない。

その時に要求された金額を自腹で工面し支払いますか?

 

フリーナンスは最大5000万円までの保険・補償が無料で受けられるので、安心して経営できる基盤ができます。

フリーナンスサービス概要フリーナンスサービス概要

【まとめ】FREENANCEを利用しない理由は正直見つからない

FREENANCEは登録・口座開設・あんしん補償など全て無料です。

使ったときに負担があるものは、即日入金を使用した時の手数料のみですが、即日入金を利用する必要もありません。

 

また、FREENANCEは個人事業主やフリーランスだけでなく、法人でも登録ができます。

登録するだけで経営における金銭的リスクを自動的に軽減してくれるサービスですので、やらない理由がひとつもありません。

現在利用していない人も利用するようにしましょう。

 

参考サイト(公式):FREENANCEFREENANCE
フリーランスになった!が・・・トラブル補償やキャッシュフローの不安を解消する方法トップ画像
最新情報をチェック‼