”【2019年最新】売り上げを上げるために クレカで支払や決済ができる環境を整えよう。”のイメージ画像

【2019年最新】クレカ決済を導入して売り上げをUPさせる。客単価も来客数を増やして購買心理を利用しよう。

最近はバナナマンさんを今まで以上にずっとYoutubeで見ています。

かなり好きなんですよね。

ただ、その延長で「乃木坂工事中」の番組のまとめなんかが出てきて観てるんですが面白いですねー!

とはいえ、色々と観ましたけどバナナマンさんありきなんだなーって感じではありますが、同じ動画も面白くてリピートしてる妃魯です。

今回の内容は私自身接待や打ち合わせ、友人の付き合いなどで飲食店を利用することは少なくありません。

だから、新たなお店を開拓したり、面白いお店を探しては食事に行ってるんですが、そんな時に勿体ないと感じてしまうのは実は”クレジットカードの支払ができるかどうか”です。

 

これオーナーの立場に立って考えると、機会ロスの方が大きなものだと思っています。

現実的にキャッシュフローが気になって使ってない人や手数料が無駄だと思ってる人もいると思いますが、趣味でお店をやってるなら別ですが、そうじゃなければ決済を持ってた方がプラスだと感じます。

 

実は従来とは異なり、様々な決済システムがあるので、新規店舗をオープンさせる人や現在は入れてない人も参考にしてもらえれば幸いです。

クレカが使えないと機会ロスになってるかもしれない

クレジットカードが使えない場合のメリットデメリットイメージ

 

クレジットカードはご存じのとおり、ポイントが貯まったりするので現金が手元にあっても利用する人がいます。

また、急な出費や付き合いや給料日前などの際にはとりあえずカードという方は多いです。

私もサラリーマンの時に部下や友人との食事などで、持ち合わせが少ない時や現金を手元に置いておきたいときはクレカを優先して使っていました。

 

接待を受ける際に、部下の方などに”そのお店クレジットカード使える?”と気にされてる経営者の方も多く、状況によってはカードが使えないところは急遽変更することもありました。

お金を持ってる人ほど現金を持ち歩かないケースもあり、クレジットカードが使えるかどうか気にされる人は多いです。

 

もちろんどうしても行きたいお店で、現金払いしかないならそこは行きますけど・・・・。

カード決済を使わない店に聞いてみた。

前述は飲食店を例に挙げましたが、飲食店だけに限ったことではなく、販売業でも同じです。

店舗だけではなくネット販売でも銀行振込のみというところもみかけます。

私はクレカ決済を利用しないと機会ロスが起きると考える側の人間なのですが、多少仲良くなったお店のオーナーなどに利用しないのはなぜなのかさりげなく聞いてみました。

 

カード決済を使わない主な理由 決済手数料がかかる(そもそも客単が低いとかも含めて)
設置等に初期費用などの経費がかかる
CAT端末や回線など色々と設定などに手間がかかって面倒
キャッシュフローが悪い
なんとなくカード払いが嫌い
過去にトラブルがあって利用を控えた
オーナー自身が過去に色々あって審査上使えないなかみ

 

数店舗ではありますが、とりあえず主なものはこれくらいだったと思います。

最後に挙げてる理由は多分オーナーの信用情報の問題なので仕方ないことだと思いますが、それ以外はデメリットだけが頭をよぎったり、手間を惜しんでるだけなので、メリットデメリットをしっかり見てみてください。

クレカの決済でどんなお客さんを取り込めるのか?

クレカを入れることでそもそもどんな人が集客として見込めるのか?

漠然と導入した方が良いというのは分かったところで、どんな人が来るのか分からないととは思いますよね。

現金はあまり持ち歩いていない
現金の代わりにカードを使ってポイントを貯めたい
とりあえず現金は入れてるけど、カード払いがあるなら安心
給料前などの手元に現金がなくても利用したい
急な誘いでの飲食や必要な買い物がある

カードを使うにはそれなりに理由がありますが、美容室やアパレル、アクセサリーなどは冠婚葬祭や少しオシャレをしないといけないけど、まとまったお金がないからカードが使えないと・・・と思ってる人も多いです。

ネット販売などで振り込みだけでやってるところもありますが、代引き手数料や振込手数料などは少しもったいないと思う人もいるので、そこで商品購入をためらう人も出てきます。

振り込みや現金払いが全くダメと言うことではありませんが、支払いの選択を増やすことで様々なニーズのお客様を取り込むことができますよね。

一原 妃魯
クレカが使えないってことで行くのをやめたり、買うのをやめる人も多いよね。”現金で取引できない人はいらない”とか”決済手数料がかかる”とかは、取り込める客層と比較するとわずかな金額だし、現金使う常連がカードを多用するってことは余り考えづらいから、新規の取込用としては有効的だよね。

キャッシュッレス決済は来店数・客単価は変わる

クレジットカードはお客様にとっては普段の買い物などをポイントがたまってお得にできるし、手元にお金がなくても利用できるから、メリットしかないアイテムですよね。

 

更にメリットがある使い方やキャッシュッレスの意識も高まり、日常的にクレジットカードや電子マネーを利用している人は増えてきてるので、決済機能を導入しただけで来店数は変わります。

クレジットカードを普段使いしている人はカードが使えるところを率先して探します。

現金払いしかないお店にいくという選択肢は、その店にかなりの優位なところがないと行く理由がなくなります。

 

またクレカの利用はついで買いの割合が増えます。

”カード払い”というのは現金払いではなく、ある程度の金額が支払えるようになります。

 

現金で1万しか入ってなければ、1万円の範囲までしかつかえません。

しかし、予算はあっても”使える金額はそれ以上”なので、1万円と思っていても”1万2千円までならいいか”というような感情になりやすくなります。

また、頭で計算して買っていて予想以上に会計がきても払えるので、そのまま支払うようにもなりますよね。

つまり、”衝動買い”などが起こりやすい環境になります。

 

これは皆さんもクレジットカードを使っていて、身に覚えのあることだと思います。

この積み重ねが売り上げアップにつながるので、現金のみでの商売は”自分のお客様になるかもしれない人”を取り逃すだけでなく、既存客の客単価アップも逃す環境になりますよ。

 

デメッリトが少ない決済方法はどこ?その負担はどれくらいかかる?

決済会社はどこがいいか?経営に合う条件にで選びましょう! 経営者の考えで変わります。

カード決済会社にも様々な条件があります。

キャッシュフローや導入費用・手数料などそれもそれぞれ違いますし、回線契約が必要だったりするものもあります。

店舗型やネット販売などで異なりますので参考にしてください。

カード決済のメリット・デメリットは?

一般的なカード決済はメリットだけではなくデメリットもあります。

前述した利用しない理由にも含まれてるんですが、主なものをいくつか書きだします。

 

一般的なメリットデメリット
▼デメリット
・決済手数料がかかる。
・入金サイトが遅くキャッシュフローが悪い
・導入費用が掛かる
・CAT設定や回線設定などで時間を取られる
▼メリット
・平均来店数が増える
・客単価が上がる
・現金がない方でも利用してもらえる

まず一般的なメリットデメリットを上げてみましたが、このデメリットの部分を少しでも解消し、メリットを最大限に生かすことができれば最高ですよね。

 

一原 妃魯
これらを総合的に考えてプラスに働くかどうかというのを考えることが経営・運営の大事な一つだから、感情だけに左右されずに合理的に考えることが大切。

 

クレジットカード・電マネー・QR・ポイントも1台で使える決済サービスAirPAY

AirPAYはクレジットカードだけではなく交通系カードやQuickPay・ID・ApplePayの利用ができる決済システムです。

オプション機能ではなく、標準でかなりの種類のカードの決済ができます。

 

ちなみに、入り口やレジの前でVISAのマークなどをお店で見たことはあると思いますが、”JCBは使えません”とか言われた人もいるんじゃないでしょうか?

しかし、AirPayは以下のカード全ての決済に対応していて、この契約だけで十分なものになっています。

 

クレジットカード交通系カードその他電子マネー
VISASUICAID(docomoの支払い)
MASTER CARDPASMOQuick Pay
JCBKITACAApplePay
DinersTOICA
AMERICAN EXPRESSmanaca
DISCOVERICOCA
SUGOCA
nimoca
はやかけん

 

特にここ数年はApplePayも利用できるようになり、QuickPay・ID・など携帯で支払いする人も増えてきてますので、利用できるだけでかなり集客として有利です。

ちなみに

一原 妃魯
ある程度単価が高いところだと交通系は多くないかもしれないけど、数か月に1回でも利用したい人がいたときに使えるなら使える環境は困るものではないよね。

AirPayの手数料は3.24%~で最低水準で利用できる

また、一番気になる手数料も決済するものによって若干手数料がことなりますが、一般的にカードの手数料は10%と言われてる中で非常安い手数料になってます。

手数料
クレジットカード交通系カードその他電子マネー
VISADinersSUICATOICASUGOCAID(docomoの支払い)
MASTER CARDJCBPASMOmanacanimocaQuick Pay
AMERICAN EXPRESSDISCOVERKITACAICOCAはやかけんApplePay
3.24%3.74%3.24%3.74%

導入は手軽で簡単にできる

AirPAYAirpay(エアーペイ)を利用するのに、回線の接続設定やレジ設定などは必要ありません。

iPhoneまたはiPadで利用できるアプリと専用の端末だけで利用できますので、導入自体もかんたんにできるものになっています。

AirPAY0円イメージ画像

このアプリと端末は無料で利用ができて、月額利用料もないので固定費がかかることもありません。

支払スパンが短いからキャッシュフローがいい

支払スパンイメージ画像

一般的な決済AirPAY
月1~2回の振込月3~6回の振込
振込手数料あり振込手数料なし

一般的な決済サービスは15日と末日、もしくは末日のみというものが多いんですが、5・10日で入金がされるようになります。

また、振込手数料もないので無駄な出費もなく、かつキャッシュフローよく運営ができます。

どこでも決済ができて決済端末・タブレット・プリンタも無料で使えるTimes Pay(タイムズペイ)

Times PayTimes Payは各種クレジットカードと交通系ICカードとは別にnanacoやWAONなどの企業系電子マネーが利用できるようになります。

クレジットカード交通系カードその他電子マネー
VISASUICAnanaco
MASTER CARDPASMOWAON
JCBKITACA
DinersTOICA
AMERICAN EXPRESSmanaca
DISCOVERICOCA
SUGOCA
nimoca
はやかけん

一番の特徴は端末は携帯接続されているので、いつでもどこでも決済ができるということです。

Times Payの手数料も3.24%~で最低水準で利用できる

実はTimes Payも前に紹介したAir PAYと同様に3.24%~と非常に安い決済手数料で利用ができますが、若干カード会社ごとのパーセンテージの違いがあります。

手数料
クレジットカード交通系カード企業系電子マネー
VISAAMERICAN EXPRESSDinersSUICATOICASUGOCAnanaco
MASTER CARDJCBDISCOVERPASMOmanacanimocaWAON
KITACAICOCAはやかけん
3.24%3.74%3.24%

レジのそばじゃなくても利用ができる

Times PayTimes Payは他の決済端末のように電話回線を使わずに、携帯電波で通信をしているので、端末をレジに固定することなく利用ができます。

一般的なカード払いだと支払の時にカードを預かって、レジでカード処理をして、レシートをだして、改めてサインをもらうかレジまで来てもらって暗証番号を押してもらうという方法でした。

しかし、端末を持ち歩けるので、お客様が席を立つことなく席で簡単に暗証番号を押すだけで処理ができるようになります。

 timespayが店内でも外出先でも利用できる

運営方法の1つとして、例えば飲食店であればお昼のランチは弁当を配達したり、マッサージで店舗以外でご近所だけは出張マッサージを行うとした場合も、現場でカードを切ることができるので、現金が手元にないお客様も利用できるようになります。

基本的には店内で利用をするものだと思いますが、店舗外でクレカを利用することも可能な環境に臨機応変にできるので、経営の幅を広げることもできますね。

新規導入費用が無料

Times Payを新規導入する時に機器をレンタルする必要があります。

カードリーダーはもちろんですが、モバイルプリンタもレンタルしてくれます。

実際にモバイルプリンタを購入するだけでも1~2万ほどかかりますし、カードリーダーを使わなくなったら不要になるのでレンタルというのは非常に合理的です。

また、カードリーダーを操作するときにタブレットを使うんですが、そのタブレットもレンタルされるので事前にコストがかかることがありません。

一原 妃魯

一原 妃魯

最近のカード決済はタブレットやスマホを使うことが多いけど、タブレットを準備したり自分のスマホを使わないといけなかったりするけど、別でちゃんと端末があるからコストも抑えられるし、私用の端末と分けられるのがいいよね。

全てTimes Payで準備されるので、 コストをかけずに準備できます。

新規導入の特典が以下になります。

カードリーダー/モバイルプリンタのセットで通常購入価格25,000円が1年間無料ですが、2年目以降に費用がかかるというわけではなく、導入から1年経過後はプレゼントされます

また、タブレット端末とその通信費用も月額:1,500円(税込)かかるんですが、それも1年間無料で利用ができます。

これについても、2年目以降は一定額の利用以上で無料になるので、かかる費用は決済手数料だけで使うことができます。

大手だから安心して利用ができる

Times Payは”パーク24株式会社”が運営しています。

街のどこにでもある100円パーキングのタイムズの運営会社です。

大手だからこそ年中無休のサポートセンターがあり、機器の不具合や使い方の相談など365日電話で対応できるようにしています。

始めて使うのにどのような操作をしたらいいのか分からない時に電話をして確認もできますし、カードリーダーも不具合がないように作っていると思いますが、カードリーダーも機械ですから使っていると不具合がでるかもしれません。

そんな時大手だからこそコールセンターを常設してサポートされるので、利用者としては安心です。

商売であればクレカや電子マネー決済は入れるべき武器・まとめ

クレカの決済を入れて商売上でマイナスというのはほぼありません。

現金だけの商売は、財布の中に入ってる現金がその時に利用できる限度額です。

例えば1万円しか入ってない人が一か八かで、ギリギリまで使うという事をあまりしません。

つまり、使う側も何となく頭の中である程度計算しながら使うので、その金額内でおさめるために抑え気味で使ってしまいます

手元に使えるお金があれば、もう少し注文なり購入されたという可能性までなくなるので、目に見えない客単価の損失があります。

そこでカードが使えると、気にせず利用ができるので客単価はあがります。

何度もいいますが、カード決済があることでクレジットカードを率先して使う人が取り込めるようになりますし、何より客単価が上がるので売り上げを上げる為の強力なツールとなります。

現在、導入してない方やこれからオープンされる人は、必ずクレジットカードや電子マネーなど、現金以外で支払える環境を必ず整えてください。

参考サイト参考:AirPAYAirpay(エアーペイ)
参考:Times PayTimes Pay
”【2019年最新】売り上げを上げるために クレカで支払や決済ができる環境を整えよう。”のイメージ画像
最新情報をチェック‼