PayPayロゴタイトルイメージ画像

【スマホ決済で簡単売上アップ】PayPay決済を店舗に導入してニーズを広げる。

日本もいよいよキャッシュレス時代投入と言われ、様々な電子マネーがここ数年で増えてきました。

お隣の中国ではほぼキャッシュレスで現金は持たないそうです。

 

個人的には現金を持つという方が、ありがたみもあるのであまりキャッシュレスが進むのは好んでは無いんですが・・・。

しかし、電子マネーやクレジットカードで決済したほうが消費者目線としても利便性が高いですし、使わなくても使えた方が”安心感”があります。

 

今回は導入側のお店にもメリットが大きいPayPayの解説をしていきますので、参考にしてください。

PayPayってなに?

PayPayはPayPay株式会社が提供するスマホ決済アプリです。

このPayPay株式会社はソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の共同出資の会社なんですが、プロモーションの強さもあってかなり急速に利用者も提携店舗も増えてきています。

今や街を歩いてもどこかしらで、店頭でPayPayのロゴを見かけますよね。

 

決済のための端末が一切不要

クレジットカードや交通系ICカード、そのほか電子マネーを利用する時は、専用の端末にカードを差し込んだり読み込ませるか、”ピッ”とカードを当てて使います。

しかし、PayPayはそのような端末はありません。

 

paypayの支払方法イメージ画像

 

利用する際は専用のアプリでQRコードを読み込むだけです。

つまり、お店はPayPay加盟店になれば、お店専用のQRコードが書いた立札のようなものがもらえます。

PayPayユーザーはアプリで、そのQRコードを読み込むと決済が完了するというわけです。

訪日外国人にも喜ばれる

PayPay加盟店はPayPayで決済できるほかに、Alipayも決済ができるようになります。

Alipayとは、中国・台湾・香港に約8億人以上のユーザーが利用する決済アプリです。

 

近年は中国・台湾・香港などの観光客も増えてきて、見過ごすことはできません。

自国で使える決済システムが使えるお店は安心して利用しやすくなりますし、お店側の決済処理も変わらずPayPay同様にQRコードで決済できます。

PayPayの決済を導入するメリット

PayPayPayPayを導入した場合のメリットはどんなところがあるんでしょうか?

キャッシュレスの時代だから入れたほうがいいというのはわかりながらも、それ以上にメリットはないのでしょうか?

キャッシュレス決済方法は客単価が上がりやすい

キャッシュレス決済はクレジットカードや電子マネーは古参のものは、Edy(現楽天Edy)や交通系ICカード、QuickPay、ID、近年はLINE PayやApplePayなども増えてきました。

細かなところをあげれば、大手コーヒーショップや最近はコンビニまで参入してきました。

世の中の人も少しずつキャッシュレスという意識が今まで以上に強くなってきて利用頻度が上がってきていますね。

 

実は利用心理として電子マネーは現物(現金)が目の前に無い為、お金を使ってる意識が薄れます。

そして、お金を使ってる意識が薄いと、少し多めにお金を使ってしまったりと客単価が上がる傾向があるんです。

初期導入費用や月額費用が0円で導入できる

スマホ決済・クレジット決済などのサービスは導入するときに端末やシステムの兼ね合いで初期費用がかかります。

また、システム利用料などで毎月費用が発生しますが、現段階PayPayは導入費は0円です。

”現段階”といったのは、この先やっぱり導入しようとしたときに初期費用が有料になってる可能性はあるからです。

 

PayPayの決済に必要なものは、PayPay for Businessという加盟店売上管理ツールにアクセスできる端末(PC、スマホ、タブレット)ですが、オーナーのスマホや安いタブレットとかで十分です。

初期費用もなく、端末もないという画期的なスマホ決済サービスです。

決済端末がない

決済端末がないのは何がメリットなの?と思うかも知れませんが、かなりメリットなんです。

本来、決済端末は電話回線・インターネット回線のいずれかの通信回線が必要になります。

 

最近は無線でカード決済ができるものなども増えてきていますが、それには携帯電波が使われています。

端末が必要だと回線費用やシステム料金という形で携帯の料金が月額に含まれたりとランニングコストがかかります。

 

また、キャッシャーが広くない、そもそもキャッシャーというスペースがないお店もよく見かけますが、QRコードの台紙のみなのでスペースを取ることがありません。

決済手数料・入金手数料も0円

PayPayを導入は初期導入費だけではなく、なんと決済手数料・入金手数料も0円で利用ができます。

他のスマホ決済もしくは決済システムを使っている人はわかると思いますが、必ず決済手数料が発生します。

 

例えばクレジットカードだと、一般的には売上金額の5~10%が手数料として取られます。

しかし、PayPayは2021年9月30日まで手数料が無料となってるので、どれだけ決済されても決済金額が全て入金されるわけです。

手数料の有無比較”PayPayは決済手数料が無料 なので、決済金額が入金金額 になります。”

 

入金スパンが早い

決済システムとしてはかなり早い入金スパンです。

一般的な決済会社は大体15日と末日の2回、多いところでも5・10日の入金ですが、PayPayの締め日は累計決済金額が1万円以上の決済日か月末となります。

 

PayPayキャッシュフローイメージカレンダー

 

つまり、累計決済金額が1万円以上の決済があれば、最短で翌日入金となりますので、他の決済会社のように売り上げが5万も10万も決済されて”入金日まで10日もある”なんて、キャッシュフローが悪くなることもありません。

また、1万円以下であれば多少入金が翌月に回っても経営に支障がでる金額ではないとおもいますし、1万円以下であっても必ず月末には締められるので月初には入金されます。

(それで困る経営なら色々と考えないといけませんね・・・。)

振込手数料が無料

一般的に売り上げた入金額が振り込まれるときには決済手数料とは別に振込手数料がかかります。

これが入金回数が多ければ多いほど、店舗側の負担になってしまいますよね。

PayPayは振込手数料が無料で入金できるようになります。

 

入金タイミング入金手数料
ジャパンネット銀行翌日ずっと 0円
その他金融機関最短翌々営業日2019年9月30日まで 0円

 

ジャパンネット銀行であれば期間限定でもなく永年0円になりますが、その他の金融機関は現段階では2019年9月30日までとなっています。

ただ、この期間以降に振込手数料が発生するかどうかは、現段階では決まっていません。

 

この後も無料かもしれませんし、そうじゃないかもしれないという状況ですので、PayPayの入金用にジャパンネット銀行を作った方がいいかもしれないですね。

 

また、入金スパンも若干の違いがありますので、累計決済金額が1万円以上になる日が月に何回かある場合は、経理処理の関係もあるとは思いますが口座を作ることをおすすめします。

 

【まとめ 】簡単に提供できるサービスは整えてた方がいい

PayPayは2018年の秋にリリースされたサービスですが、ソフトバンクグループの拡大方法や無料導入の効果もあって、飲食店などの個人事業主だけではなく大手企業の利用もかなり充実してきています。

PayPay主な利用可能店舗一覧

 

今後もかなりの数の店舗や企業が参入することが予想されるので、PayPayをチャージして利用する人が増えることが考えられます。

つまり、今まで以上に支払方法として当たり前に利用する人が増えていくかもしれません。

 

また、ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社ということで、ソフトバンクグループのやり方として初期投資はかなりいれてくるので急速に伸びてくると考えられます。

もちろん初期費用がかかったり、月額費用がかかるならやる価値はあまりありませんが、現段階でかかるお金が一銭もないことが何よりもメリットです。

無料で決済ができる環境を作ることできるので、お客様が”月に1人でも2人でも増えてくれば”という気軽な感じで、まずは無料の間に整えておくことをおすすめします。

参考サイト参考: 【公式】PayPayPayPay
PayPayロゴタイトルイメージ画像
最新情報をチェック‼