マンションタイプの光回線いれて、インターネットを使う?それを決める前に知っておいた方がいいことを教えます。

マンションタイプの光回線いれて、インターネットを使う?それを決める前に知っておいた方がいいことを教えます。

このご時世、自宅でインターネットを使うときに光回線の契約をする方はたくさんいらっしゃると思います。

私自身、長らく情報通信業界にもいたということもありますが、これだけ情報が溢れているのにも関わらず、内容が非常に分かりにくい!

しかも、今は様々な光回線サービスが出ていますので迷うことも多いかと思います。

その中で、光回線にはマンションタイプというものがあります。

このマンションタイプは集合住宅(マンションやオフィスビルなど)に適応されるものですが、実は通信速度は100Mbps,200Mbps,1Gbpsとあり、設備状況により利用者が選ぶことができません。

なぜマンションタイプは通信速度が選べないのか?

集合住宅には既に”ラック”という光回線を導入する為の設備が入っています。

その設備によって使うことができる通信速度が決まっているんです。

つまり、通信速度が1Gbpsの光回線を使いたいと思っても、入ってる設備が対応してなければ1Gbpsでは利用できません。

光回線の設備には現在メインとなってる配線方式は
・VDSL方式
・光配線方式
の2種類があります。

もう一つLAN配線方式というがありますが、ほぼ設置されているところはありません。

そして、1番のポイントはVDSL方式の設備がはいっているところは必ず100Mbpsの利用になり、光配線方式は200Mbps1Gbpsの2種類を選べる設備です。

通信速度によって月額料金に違いはあるの?

 

プラン名(NTT東日本)プラン2プラン1ミニ
マンションタイプ(100Mbps)2,850円3,250円3,850円
マンション・ハイスピードタイプ(200Mbps)2,850円3,250円3,850円
マンション・ギガラインタイプ(1Gbps)3,050円3,450円4,050円
ギガマンション・スマートタイプ(1Gbps)3,350円3,750円4,350円

プラン名(NTT西日本)プラン2プラン1ミニ
マンションタイプ(100Mbps)3,200円3,700円4,500円
マンション・ハイスピードタイプ(200Mbps)3,200円3,700円4,500円
マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼 (1Gbps)3,200円3,700円4,500円

上記の表を見てもらえれば分かるように、NTT東日本マンションタイプとマンション・ハイスピードタイプは同じ金額です。

そして、NTT西日本に至っては全て同じ料金なんです。(LAN配線方式の建物は少ないので料金は割愛しました。)

設備によって速度は違ういますが金額は同じということは、100Mbpsの場合だと損した気分になりますが文句をいっても変わるものではありません。

また、プラン2、プラン1、ミニという項目も選べません。

つまり、「安い方がいいからプラン2でお願いします。」なんてことはできません。

このプランというのは、建物の規模によるもので建物規模が大きいほど安いプランが設定されるようになっていますので、これも既に決められてるものになります。

NTT東日本はマンション・ギガラインタイプは金額より300円高く、ギガマンション・スマートタイプは500円高いですよね。

この2つはどちらも1Gbpsのプランになります。

この2つのプランの違いは、初めからルーターに無線LANが付いてるかどうかの違いです。

ギガプラン比較図

つまり、スマートプランはルーター1台だけで有線接続と無線接続ができるわけですから、2台も3台も機械を置かずにスッキリすることができます。

ただ、正直毎月300円レンタルして無線LANを借りるのであれば、電器量販店などで無線LANルーターを買った方が費用的にも性能的にもお得です。

光配線方式の設備が入っているところはハイスピードかギガプランかを選ぶことができますので、価格や性能を比較して自分で決めてください。

では、VDSL方式の人はというと、100Mbpsのみですから選ぶことができません。

本来であればそのプランだけを利用してもらうようになります。

VDSL方式でも速い速度で利用したい場合はどうしたらいい?

実はマンションでVDSL方式が入ってるところは少しずつ減ってるのですが、10年ほど前くらいの建物には入ってる可能性は全然あります。

その設備ってどこでわかるの?と思われるかもしれませんが、これは公式サイトでも出てきませんのでNTTに聞くしかありません。

0120-116-116(NTT IPコールセンター)に電話してオペレーターに確認するのが一番確実です。

ちなみにここでプラン2とかプラン1とかの確認もできます。

調べた結果VDSL方式で100Mbpsしか使えないという方も多いと思いますので、どうしても通信速度でストレスを溜めたくない人には裏技のようなものをお教えします。

マンションタイプより若干金額はあがりますが、ファミリータイプで申し込みましょう。

そうすることで、1Gbpsのプランが利用できるようになります。

これは法人・個人関係なく可能です。

特に法人であれば通信速度が遅いのは業務に関わってきますので、可能であればファミリータイプで導入することをお勧めします。

 

プラン名プラン2プラン1ミニ
マンション・ハイスピードタイプ(200Mbps)2,850円3,250円3,850円
マンション・ギガラインタイプ(1Gbps)3,050円3,450円4,050円
ファミリー・ハイスピードタイプ(200Mbps)5,200円
ファミリー・ギガラインタイプ(1Gbps)5,400円

多少料金が上がっても、通信速度が速い方がいいという方はこの方法がおすすめですが、建物の管理会社によっては稀にファミリータイプでの契約ができない場合がありますので、管理会社に確認はした方がいいかと思います。

光回線を安く使いたい

今は光回線も自由化が進みNTTが各事業者に卸販売をする時代になりました。
それによって品質は同じで、料金も安くなり、しかもほとんどの光回線はプロバイダまで含んだ料金になっているので、フレッツ光を利用するよりも確実に安く利用できるようになりました。(以下、光コラボと言います。)

しかし、そのおかげで様々なブランドの光回線が出回ってしまい、どこがいいのか分からなくなってるのも現実です。

大手企業ですら「何となくNTTを使う」という時代は薄れつつあります。

別記事でVDSLでもインターネットを速く使えるサービスを開設してますので、是非ご覧ください。

このブログが少しでもお役に立てれば幸いです。