マンションタイプのVDLS(100Mbps)しか使えない場合はどうしたらいい?インターネットを速く使う方法を教えます。

2019/4/20更新
2018/10/31公開

光回線のマンションタイプの設備が入ってることについて以前書きました。

それは以下にリンクを張っておきます。

E-blogate|イーブロゲート

このご時世、自宅でインターネットを使うときに光回線の契約をする方はたくさんいらっしゃると思います。 私自身、長らく情報通…

VDSLが入ってるマンションで通信速度が欲しい場合は、ファミリータイプを入れましょうという事をいいましたが、状況によっては管理会社NGや配管が詰まっていて出来ないことも多々あります。

情報通信業に携わっていた時にお客様の為に調べた時には、「マンションオーナーに直談判して、ラック(マンション設備)を変更してもらう」というようなことを書いてる記事もありましたが、あまりにも非現実的です。

今回は簡単に利用ができて、VDSLよりも通信速度が早くなる方法を解説していきます。

なんでVDSLじゃダメなの?

自宅でインターネットを使う時にあなたがメールだけを利用するだけなら、全然VDSLでいいと思います。

しかし、インターネットを利用してやれることは様々ありますよね。

スマホにWi-Fi接続で利用したり、動画を観たりやゲームをやることも多いと思いますし、仕事で使うという人もいるでしょう。

しかし、VDSLはベストエフォートで100Mbpsしかありません。

光回線速度比較表

年々コンテンツのデータが重くなってるこの時代に釣り合ってる速度とはいえません。

しかも、マンションタイプはその通信速度を全世帯で分け合うイメージです。

つまり、ベストエフォートをうたっていてもそれ以上に通信速度はかなり遅くなってしまいます。

通信速度が遅いと動画も止まりますし、FXや株などの決済が遅れる可能性もあります。

インターネットを使うのに通信速度が遅いことにメリットは一つもありません。

今回はVDSLを利用するより、後悔することなく利用できるものをご紹介いたします。

VDSL使うくらいなら絶対におすすめできる回線

VDSLは光配線方式と違って、何をどうやっても100Mbpsしか使えません

一原 妃魯
一原 妃魯

NTTに文句を言ったところでどうにかできる話ではないから、クレームとかいれちゃだめだよ。何も変わらないからね。

しかし、月額はプロバイダ含めて4,000円弱、それに工事費が毎月500円(30カ月)かかります。

トータルで約5,000円の通信料ですね。

しかも、これが光配線の200Mbpsと同じ金額で、ギガ回線比べても300円くらいしか変わらないという切ないプランになってます。

だから、5,000円かけて工事して、時間を取られて、利用するなら絶対に他の回線を利用してください。

VDSLを使うならおすすめのインターネット回線

【7階建て以下の建物限定】NURO光

NURO光NURO光の提供エリアや条件はフレッツやau光に比べて狭いのですが、かなり優秀な光回線です。

まず提供可能条件は以下になりますので、これに当てはまらないと利用ができませんので、当てはまらない場合は飛ばしてください。

NURO光提供条件一戸建て・7階建て以下の集合住宅
【関東】東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬 【東海】愛知、静岡、岐阜、三重 【関西】大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良のみ

光回線でファミリータイプで月額4,743円(税抜)ですが、この料金の中には様々特典があります。

・回線料金
・プロバイダー料金
・5台までセキュリティーソフト導入(カスペルスキー)
・無線LAN一体型ルーター(450Mbps)

これが全て込みの料金なので、プロバイダ契約は不要ですし、セキュリティーソフトも購入してる方などは今後は購入することなく利用できます。

デメリットとしては、工事が1回目はNTTの外線工事、2回目は室内のSo-netの工事があり、その作業は同日に2回できないので、そこだけがネックだと思います。

また、So-netの回線ですが、ソフトバンク携帯のセット割もできるの使ってるとさらに安く使えますね。

参考:NURO光NURO光

Softbank Air

SoftBank AirSoftBank Airは私としては一番のおすすめです。

今までのWiFiのサービスやVDSLに比べるとメリットが多いサービスです。

Softbank Airのメリット
利用する際に工事が不要(分割工事費用もありません)
端末が届いたら電源を入れるだけですぐ使える
通信速度は最大350MbpsのためVDSLに比べると断然速い
WiMAXのように「3日間で10GB」というような通信制限は全くなし

コンセントに繋ぐだけで使えるので、持ち運んで旅行や友人宅などでも利用ができますし、通信制限もないので安心して利用することができます。

また、回線工事がないのでSoftbank Airは工事費用は一切ありません。

端末代金が別でかかるという心配をあるかと思いますが、同じ額の割引が付いてくるので実質無料で利用ができます。

デメリットは、電波を受信してWiFiとして利用するので、光回線などに比べて多少速度が不安定なところが見受けられるかもしれません。

ベストエフォートもエリアによって違いますがVDSLよりは速い速度ですのでVDSLと比較するとデメリットとは言えない程度です。

ベストエフォートの確認は以下のリンクで確認できるようにしてますので、確認してください。

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)公式速度情報

ただ、基本的に全国エリアをほぼカバーしていますが、利用できないエリアもありますので、こちらも確認してください。

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)提供エリア確認

月額料金は月額3,800円~で使うことができますので、金額的にもプラスです。

もちろんNURO光と同様にソフトバンク・ワイモバイルの携帯を利用しているとお得になります。

参考:SoftBank AirSoftBank Air

苦肉の策でWiMAXなどのポケットWi-Fi

WiMAX2+WiMAX2+最大220Mbpsの通信速度となります。(エリアによっては最大440Mbpsで利用可能です。)

ただし、WiMAXは使い放題と言っても、3日間で10GBを超えた日の翌日のネットワーク混雑時間帯(18時頃~翌2時頃)に制限がかかります。

ですから、長時間動画を観たりゲームをする方にはあまり向かないサービスかもしれません。

ただ自宅だけでなく、気軽に外でも利用できるのでスマホの通信制限がかかりそうなときなどスマホを安心して利用ができる点です。

デメリットにあげた通信制限で10GBはどれくらいなのか?というのを公式ホームページより抜粋してきました。

通信料10GBの利用目安表

■速度制限のイメージ(WiMAXのサイトより抜粋)
速度制限3日間制限なしで使う場合

速度制限3日間、1日制限がかかる場合

速度制限3日間、3日制限がかかる場合

上記のように使えば基本的に制限がかかることはありません。

Youtubeを長く観る方は標準の画質で観れば、10GBで47時間ほどの視聴時間がありますので、過剰に視聴せず普通に使っていれば制限がかかる事無く使えるくらいの容量はあります。

スマホやタブレット、パソコンなどを持ち歩いていて、いつでもどこでもWi-Fiを利用して、常にネットに繋げる環境が理想であればポケットWi-Fiが一番理想的です。

参考:WiMAX2+WiMAX2+

VDSLでの利用の選択肢は絶対にない

光配線でのマンションタイプであれば、紹介したものと比較検討するところはあるかと思いますが、まずVDSLで利用するメリットはありません。

固定電話を使ってるからひかり電話を利用したいと思ってる人もいるでしょうが、一般的な利用方法ならトータル面でみてもVDSLの選択はありません。(海外への通話などが頻繁にある場合は除きます。)

どうしても光回線がよければ、配管が通ってることを祈りつつファミリータイプでもいいと思いますが、5000円以上かかるのでコスト面では他の回線より1000円ほど高くなってしまいます。

ちなみに、速度面で考えると、”ギガファミリー>ソフトバンクエアー>WiMAX>VDSL”になります。

また、料金で安い順から考えると、”WiMAX>ソフトバンクエアー>VDSL(プラン1)>ギガファミリー”となります。

速度、コスト面を考えてもインターネットを使うのであればVDSL以外での利用をお勧めします。

このブログが少しでもお役に立てれば幸いです。

最新情報をチェック‼