ソフトバンクのウルトラギガモンスター+(50GB)を調べた結果、MySoftbankでプラン変更してみた。

ソフトバンクのウルトラギガモンスター+(50GB)を調べた結果、MySoftbankでプラン変更してみた。

ソフトバンク携帯でウルトラギガモンスター+(プラス)が2018年9月22日にリリースされました。

この記事を書いてる時は機種変更と新規申込だけの受付だったんですが、ようやく2019年11月1日から既存ユーザーのプラン変更も可能になり、

リリース時から気になってたので調べてましたので、サービスの詳細や契約方法を解説していきます。

ウルトラギガモンスター+って何?

ウルトラギガモンスター+は、データ定額50GBの携帯のデータ通信のプランです。

50GBの定額プランでウルトラギガモンスターというのがあったんですが、ウルトラギガモンスター+は50GBのデータ容量に加え、特定の様々なSNSや動画サイトはデータ容量を使うことなく利用することができます。

ウルトラギガモンスター+のメリットは?

 

【メリット】動画アプリ・SNSアプリがデータ通信量の消費がない(ギガノーカウント)

”ウルトラギガモンスター+対象サービス”イメージ画像

 

ウルトラギガモンスター+は、上に表示したアプリやサイトはデータ通信量が消費されることがありません。

つまり、50GBの定額部分を利用することなく、YoutubeやTVerやHuluが観られるということです。(Hulu等のサービスは月額料金が別途かかりますので、各ホームページでご確認ください)

そして、これらのコンテンツに関しては、テザリングでパソコンやタブレットで利用してもデータ通信量は減らないというのが凄いです!

ギガノーカウントのコンテンツでもデータ通信量を消費するケースもありますので、以下にリンクをはってますからを参考にしてください。

 

 

【メリット】50GBを使い切って通信制限が入っても、対象アプリは普通の通信速度で使える

仮に50GBを使い切った場合はどうなるのでしょうか?

50GBを使い切った場合は、当然速度制限がかかります。(128kbpsに低速化します)

しかし、対象コンテンツは通常の速度で利用できるのはうれしいところです。

速度が遅くなってLINEで連絡ができないとか、YoutubeやAbemaTVなどの動画が観られないということがなくなります。

ウルトラギガモンスター+のデメリットは?

 

【デメリット】月月割が適用できない通話プランに移行しなくてはいけない

ウルトラギガモンスター+は新料金プランのみでの利用が可能になります。

しかし、新料金プランは月月割がないプランなので、端末代の分割の割引がなくなるということになります。

 

ただ、基本料金も通話基本料金も金額は実質変わりません。

24時間通話し放題のスマ放題が2,700円ですが、新料金プランは通話の基本料金が1,200円で、24時間の通話し放題はオプションとなり、プラス1,500円で利用ができます。

 

月月割が残ってる方は、翌月から月月割が無くなるので、その部分で若干料金が上がる場合がありますが、あまり通話をしないのに話し放題を使っていた人は1500円がかからなくなるので、比較して賢く利用してください。

【デメリット】データが余っても繰り越しされない

今までは50GBの契約で20GB余った場合は、翌月に繰り越されて70GB使えてたのですが、ウルトラギガモンスター+は使わなかったギガ数は繰り越しできません。

毎月50GBだけの利用となりますので、あまり使いきれない人は少し勿体ないと思ってしまうかもしれませんね。

Youtubeなど1GBではどれくらい使えるのか?

対象となるコンテンツはデータ消費がありませんが、動画を観たりSNSを頻繁に利用する方にとってどれくらい利用価値があるのでしょうか?

使い放題できるコンテンツと消費対象となるコンテンツの主なものを上げてみました。

利用方法1GBで利用できる目安
Youtubeの高画質動画の閲覧(HD高画質1080P)約1時間の再生
abemaTVの動画の閲覧最高画質:1GBあたり約1時間
中画質:1GBあたり約3時間
Gyao!TVの動画の閲覧高:1GBあたり約1時間
最低:1GBあたり約10時間
ネット動画の閲覧(512kbps程度の中画質で、4MB/分)約4時間の再生
LINEの通話時間音声通話:約40時間前後
ビデオ通話:約3時間

※通信状況により多少の変動があります。

例えば、Youtubeを寝る前に1時間ほど見る人なら、それだけでも1か月で30GBも消費することになります。

abemaTVで2番組ほど見るだけでも1GBです。

 

特に動画は高画質になればなるほどデータ消費量は増えていきます。

 

ウルトラギガモンスター+を利用するとしたらどんな時?

ウルトラギガモンスター+に変更する場合は、新料金プランに変更する必要があります。

新料金プランに変更すると月月割りが自動的に消滅するので、割引がなければプランを上げた分だけ、もし今割引がある人は若干上がることがあります。

しかし、データ容量などを気にしながら動画を観ていたものが、移動中でもどこでもストレスなく観られるようになるのは、かなり大きなところでしょう。

実際に自分で使った結果のデータ使用料は?

私もあまり通話時間が減ってきてもいたので、24時間の通話し放題が不要だと判断してプランを見直し、そのうえで1000円ほど上がりはしました。

1000円でデータ容量の追加購入が1GBしか購入できないことを考えると、十分なコスパです。

 

ちなみに私が20日ほど使った時のデータ消費量です。

移動の時も音楽を聴いたり動画を観たりしてますが、ノーギガカウントのデータ量が30GBを超えています。

実際に消費した分と合わせて60GB以上利用しているので、かなりお得だと言えるかもしれません。

 

詳しい注意事項等はソフトバンクの料金ページのリンクを張っておきます。

ソフトバンク月額利用料金イメージ

 

 

ウルトラギガモンスター+を利用する方法は?

新規契約やMNPはソフトバンクのオンラインショップで、ソフトバンクユーザーならマイソフトバンクで変更した方がいいです。

ソフトバンクオンライン
マイソフトバンク

なぜオンラインがいいのか?

ソフトバンクショップのほとんどが実は代理店ですので、ユーザーにとって不要なオプションを「2か月間だけ」とか「無料期間の間だけ」ということで、強制的に付けられる可能性があります。

既存ユーザーは”マイソフトバンク”を利用すると、自分でオプションやプランを確認して、計算しながら必要なものだけを選んで変更ができるので簡単ですね。

 

今回は私がマイソフトバンクでプラン変更したときの方法の解説をしていきます。

マイソフトバンクでプラン変更をする?(ソフトバンクユーザー)

まず、マイソフトバンク→契約・オプションの確認→現在のご契約から変更ボタンを押してください。

▼通話プランを選ぶ

見て分かる通り、月月割がプラン変更翌月からなくなるようです。

また、2年契約(フリープラン)は25か月目からはいつ解約しても違約金が掛からないプランですが、私は途中解約する気がないので自動更新ありにしました。ちなみにフリープランでも月月割はなくなりますし、契約年数は1からになるので、プラン変更してから2年となります。

 

マイソフトバンク・通話プラン変更画像

 

▼データプランを選ぶ

ウルトラギガモンスター+を選択してください。

ちなみに通話基本プラン以外のプランを選択すると、ウルトラギガモンスター+は表示されません。

ミニモンスターは使用量に応じて金額が変わるプランですが、これは本当に意味がないのでやめた方が良いプランです。

 

マイソフトバンク・データプラン変更画像

 

▼変更完了画面で終了

 

マイソフトバンク・変更完了画像

 

以上で完了です。

このやり方ですと余計なプランも付ける必要もありませんし、この機会に不要なオプションを解約してもいいかもしれません。

ちなみに、私はこの作業をしながら1,000円ほどプランを解約しました。

ソフトバンクに申し込む(他社ユーザー)

他社利用の人でMNPなどで変更・利用することができます。

MNPなどは”予約番号”が必要になるので、今使ってるキャリアに連絡して、番号を取得してください。

 

以下サイトからソフトバンクに変更することが可能です。

 



ソフトバンクのウルトラギガモンスター+(50GB)を調べた結果、MySoftbankでプラン変更してみた。
最新情報をチェック‼