日本は通信費が高い? それでも通信インフラは使わないと 仕事ができない。トップ画像

通信費が高い?通信インフラは使わないと仕事ができないプロが教える削減方法。

毎月の通信費って意外とバカにできないくらいの費用がかかりますね。

インターネット回線や携帯会社など、またセキュリティーなどを考えないといけませんし、現実的にそれらがないと仕事ができないのも現実です。

嘆いても変わらない。インターネットや光回線の通信コスト

嘆いても変わらない。インターネットや光回線の通信コストイメージ画像

携帯を持っていない人はどれくらいいるでしょうか?

インターネットを利用してない会社がどれくらあるでしょうか?

その利用コストは必須となってますが、必要だからと言って支払いが高いというのは正しいわけではないですよね。

携帯料金やインターネット料金など、競争が生まれるように総務省指導の下様々な仕組みが生まれていますが、一般的にはなかなか認知されていないものも多くあります。

必要なコストですが、比較するのも面倒なものです。

また、どういったものがいいのか様々な角度から、それぞれの強みを解説していきます。

光回線の節約は「どんぐりの背比べ」

光回線の節約は「どんぐりの背比べ」イメージ画像

インターネット回線はNTTのフレッツ光が一番高い回線となりますが、NTT東日本でファミリーギガラインタイプ4,700円(にねん割り適用)・NTT西日本でファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼4,300円(光はじめ割適用)となります。

これに約1,000円のプロバイダ料金がかかるのですが、これらの基本料金を安くしようと考えると光コラボなどに変更することが必要です。

しかし、これから安くできるのは大体約500円程度です。

もちろん安くなることはなるのですが、大幅な削減が期待できるものではありません。

携帯やスマホをうまく削減すると目に見えて変わる。

携帯には3大メガキャリアと言われるdocomo・au・ソフトバンクがありますが、どうしても高いと感じます。

ただ、正直この3つのキャリアについては、インフラ整備や様々なサポートがありますので致し方ないところでもあります。

しかし、ユーザーとしては少しでも下げたいのが本音です。

実は、一般的な通信インフラの中では携帯の料金が一番簡単に下げやすく、料金の引き下げ幅が大きいものです。

利用状況によっては、年間数万~数十万変わるくらい違ってきますので、料金を下げたければ

docomoまでギガ放題が出て、実質ギガの上限制限がなくなって料金が上がる

ソフトバンク・auと続いて、docomoまでギガ放題のプランを打ち出しました。

ギガ放題とは名ばかりで上限は30GB~50GBまで利用ができるというプランです。

しかし、このギガ放題にはどのキャリアもライトプランというものが並行して作られています。

どういう事かというと、ギガ放題は30GBや50GBのデータ量が確定のプランですが、ライトプランはデータの使用量で段階制で料金が上がるというものです。

◆◆◆◆◆ docomo ◆◆◆◆◆

■ギガホ(最大30GB)

2年契約あり・・・6,980円
2年契約なし・・・8,480円

■ギガ放題ライト

ドコモギガ放題ライトプランイメージ画像

利用可能データ量月額料金
定期契約あり定期契約なし
<ステップ4> ~7GB5,980円7,480円
<ステップ3> ~5GB4,980円6,480円
<ステップ2> ~3GB3,980円5,480円
<ステップ1> ~1GB2,980円4,480円

◆◆◆◆◆ au ◆◆◆◆◆

■auフラットプラン25 Netflixパック(最大25GB)

2年契約あり・・・7,150円/月
2年契約(自動更新なし)適用時・・・7,450円/月
継続利用による料金割引未加入時・・・8,650円/月

■auデータMAXプラン(データ上限なし)

2年契約あり・・・8,980円/月
継続利用による料金割引未加入時・・・10,480円/月

■新auピタットプラン

auピタっとプランイメージ画像

プラン利用可能データ量
~1GB~4GB~7GB
2年契約適用時2,980円/月4,480円/月5,980円/月
継続利用による料金割引未加入時4,480円/月5,980円/月7,480円/月

◆◆◆◆◆ ソフトバンク ◆◆◆◆◆

■ウルトラギガモンスター+(プラス)

5,980円/月

■ミニモンスター

ミニモンスター料金イメージ画像

利用可能データ量
~1GB~2GB~5GB~50GB
1,980円/月3,980円/月5,480円/月6,480円/月

とうとう大容量のデータプランか段階制のプランのほぼ2択となったせいで、あまり使わない人は段階制を選んでも知らず知らずのうちに容量が上がって、定額制の料金より上がってしまうことまで考えられます。

安くするために格安SIMは本当にいいのか?様々な特性のプランを見極めて使う

格安SIMの会社を利用するデメリットをまず知ろう

格安SIMがだいぶ定着しましたね。

光コラボと同様に様々な会社のブランドが台頭しています。

余談ですが、格安SIMを販売してる会社はよっぽど母数がないと利益がないんです。

状況によっては1契約あたり300~500円程度の利益しかありませんから、小さい会社でSIMを販売しているところもありますけどね。

プロモーションが上手くできないと契約状況によっては管理費だけがかかったり、それだけを営業で販売しようとしてもなかなか体力がないと難しいものです。

本当に余談でしたね・・・。

その格安SIMはただ安いというだけでは済まされないものがあるので、そこのデメリットを気にしないという事であれば、自分の利用状況に合わせて変えるべきだと思います。

格安SIMのデメリット概要不便な点
LINEなどで年齢確認ができない年齢確認が必要なオプションや関連アプリの利用ができない
販売機種が古い数代前までのiPhoneなど端末がない・5Sなどの古い機種のみ
ショップがないサポートなどが手薄い
対応回線以外の場合SIMフリーにする必要があるSIMフリーにすると機種は原則補償対象外

微妙な部分でメガキャリアとは違う点がありますので、これらに問題がなければいいかと思いますよ。

格安SIMのそれぞれのメリットをみて、一番メリットのあるものを選ぼう

iPhone利用者にはかなりメリットがある”リペアSIM”

あまり聞いたことないSIMかもしれませんが、iPhone利用者・ソフトバンク利用者にとってはかなりプラスになるSIMです。

まずは、Sプラン(ソフトバンク回線)と、Dプラン(ドコモ回線)と2つのプランがあるので、両キャリア利用者はSIMフリー化することなく使うことができます。

料金プランデータ専用
(S)(D)プラン共通
データ+SMS
(D)プランのみ
データ+音声通話(SMS付)
(S)(D)プラン共通
1GB500円650円1,280円 → 280円期間限定価格
3GB900円1,050円1,780円
5GB1,580円1,730円2,180円
7GB1,980円2,130円2,780円
10GB2,480円2,630円3,480円
20GB3,980円4,130円4,980円

では、なぜiPhone利用者にとってプラスなのか?

それは名前の通り、”リペア=修理”

つまり、修理代が最大で全額キャッシュバックされます!

例:iPhone6ガラス割れ修理 5,980円 → 実質0円(全額キャッシュバック)
例:iPhone7バッテリー交換 5,980円 → 実質0円(全額キャッシュバック)

iPhoneは他社スマホよりも画面が弱いと言われていますから、ガラス割れが起こりやすいですし、修理代は決して安いものではありません。

また、iPhoneはバッテリーの容量が低下することで、CPUが制御されるため長く使うと重くなってしまいますから、比較的長く使う人は電池交換などは必須となりますので、それらの費用がキャッシュバックされるのは非常に心強いですね。

ちなみにこのキャッシュバックはiPhoneだけのものでありませんので、他のスマホで利用して故障した時なども対象ですから、よく手から零れ落ちるような人は、使うだけで保険が効くリペアSIMは最適かもしれません。

参考:リペアSIM 

本当のデータ制限なしのプランがある”U-mobile”

U-mobileはU-NEXTが運営するSIMです。

基本的にはdocomo回線となりますので、それ以外の回線はSIMフリーにしてからの利用となります。(ソフトバンク回線でデータプランの利用が可能。)

U-mobileは様々なプランがあり、料金もかなり安くなる上に非常に選択する幅が広く、U-NEXTならではのお得なプランがあります。

プラン名容量月額基本使用料最低利用期間
3GB3GB1,580円6ヶ月
5GB5GB1,980円6ヶ月
LTE使い放題使い放題2,980円6ヶ月
LTE使い放題2使い放題2,730円12ヶ月
USEN MUSIC SIM使い放題2,980円6ヶ月
U-mobile for iPhone使い放題2,980円12ヶ月

特にUSEN MUSIC SIMはかなりコスパのいいプランです。

Umobile-MUSIC-SIMイメージ画像

LTEでのデータ容量が無制限というだけではなく、U-NEXTならではの音楽が聴き放題というかなりの優れものです。

しかもこれが3,000円程度というのが利用者としては、非常にメリットの高いプランですね。

一原 妃魯
一原 妃魯

普段何気に音楽を聴くだけではなく、AppleMusicやAmazonPrimeMusicを利用するために契約している人にとっては携帯の基本料金でそれが賄えるからかなりいいかも。

参考サイト:U-mobile

速度制限全然関係ない!1,500円で使える一番のおすすめSIM”楽天モバイル”

現行で最強だと思える格安SIMの1つです。

では、そもそもオススメといえるポイントはどのような部分でしょうか?

おすすめできる理由
話し放題を含んだ基本料金
通信制限があってないような速度(アプリもある)
最低利用期間
サポート(店舗)
楽天ショップ利用者メリット

◇◇◇◇◇話し放題を含んだ上に基本料金が安い◇◇◇◇◇

まず楽天モバイルの料金携帯の一覧を見てみてください。

プラン名データ量月額基本使用料楽天会員基本料
プランS2GB2,980円1,480円
プランM6GB3,980円2,480円
プランL14GB5,980円4,480円
プランLL24GB6,980円5,480円

楽天モバイルの基本料金は1,500円~の利用が可能ですが、個人的にこの料金プランでで十分だと思ってます。

まず、この料金で10分以内の通話は話し放題も含まれています!

さらに、通話時間を超えても10円/30秒で通話ができるんですが、これはメガキャリアと比べて半分の料金で通話ですので、超えたとしても今までよりは安く利用できます。

◇◇◇◇◇通信制限があるようでないような制限◇◇◇◇◇

これが一番のオススメポイントです。

ここが8割占めてるといっても過言ではありません。

一原 妃魯
一原 妃魯

速度制限がかかるってめちゃくちゃストレスだけど、プランを上げると高いし・・・。なんとなく我慢してる人も多いんじゃないかな?

では、そもそも通信制限ってどこまで制限されるのか?

一般的にデータ制限がかかると、128Kbpsまで速度が落ちます。

これを細かく話すと大変なので割愛しますが、サイト検索もままならず、Youtubeなんてもってのほか、LINEも上手く立ち上がらないですよね。

ここで楽天モバイルが何故おすすめなのか?

楽天モバイルは通信制限がかかっても1Mbpsで利用ができます!

つまり、検索やLINEなどのSNSの利用は普通にできますし、Youtubeも多少待つことはあっても、かなり普通に観られる速度です。

むしろ、楽天モバイルは常に自分で速度を制限できるアプリがあるくらいです。

自分で制限をかける??と思った人もいるかと思いますが、今まではどんな状況でも契約量をまず消費しなければいけなかったので、少しずつ容量を削られて最終的に制限がかかってしまってましたよね。

しかし、楽天モバイルは制限後の速度も1Mbpsなので、高速通信領域の容量を使わなくても通常利用では変わらず利用することができます。

高速通信領域はアプリのダウンロードや重たい動画を観る時など、どうしてもデータ容量が必要な時だけ利用ができるわけです。

実はこれ画期的ですよね!

契約量を使用するかしないかはユーザーが選択できるんです。

◇◇◇◇◇最低利用期間が決められて、期間を過ぎるといつでも解約できる◇◇◇◇◇

携帯といえば最低利用期間です。

毎度毎度2年間縛られて、その2年後の2か月間以外で解約したら違約金がかかってしまうという・・・。

自動更新の再契約という扱いなので、契約自体問題はありませんが、どうもユーザーとしてはもやもやしてしまう人も多いと思います。

これも楽天モバイルはユーザーに優しいプランとなっています。

まず、最低利用期間が1年・2年・3年と自分で決められます!

そして、その期間が過ぎればいつでも違約金なしで解約が可能となります!

これは使う側としても、期間を考えずに利用ができるので、安心して利用ができますよね。

◇◇◇◇◇格安SIMなのに店舗がある◇◇◇◇◇

基本的に格安SIMは電話でのサポートもしくはチャットやメールのみの対応ですが、楽店モバイルはそれらのサポート以外でも実店舗まで備わってるので、困った時やプラン変更も簡単に行えます。

◇◇◇◇◇楽天会員になると割引が受けられる◇◇◇◇◇

楽天会員になるだけで、基本料金が500円割引になります。(年会費・登録料無料)

しかも、楽天や楽天BOOKSで買い物したりや楽天トラベルなどを利用するとそれに応じて、ユーザーランクが変動するんですが、ダイヤモンド会員になるとダイヤモンド会員中は更に500円割引が受けられるので、さらに非常に安く利用ができます。

参考:楽天モバイル

まとめ

通信は今は必要不可欠なものとなりました。

日々すさまじい速度で進化していく中で、ここ数年でようやく多種多様な価格帯で利用ができるようになりました。

ユーザーが幅広く選択できるようになりましたが、だからこそどこがいいか分からなくなってきています。

光回線は変更することにあまりメリットはないかもしれませんが、私は携帯は月で6000円ほど変わりましたので、是非参考にしてください。

参考サイト参考:リペアSIM 
参考:U-mobile
参考:楽天モバイル
日本は通信費が高い? それでも通信インフラは使わないと 仕事ができない。トップ画像
最新情報をチェック‼